よくある質問と答え

よくある質問と答え

よくあるご質問にお答えします

A:診察しております。癌センターで診察ご希望の方は、先ずは「センター病院」を受診して下さい。

救急時は「救急医療センター」を受診して下さい。

Q:24時間完全看護診療ということですが、スタッフは常に診てくれているのですか?

A:動物の状態にもよりますので、スタッフへご相談下さい。

A:健康診断や予防接種、医療相談などは「センター病院」(開院時間:平日…AM9:00~PM6:30/祝日土日…AM9:00~PM5:00 電話:044-433-5155)にお問い合わせください。

A:加入している保険会社の指定の提出書類等をご用意の上、ご来院下さい。必要事項を記入いたします。

A:まず、人間の医療とは違い、国が保障する健康保険制度が確立されておりませんので、全額自己負担となります。

当病院では、診断精度をあげる為、最新の医療機器を導入し、より的確で早い診断が出来るようになりました。

また、「手術センター」では、新しい医療機器を導入する事によって、手術時間が大幅に短縮され、麻酔や出血などの動物へのリスクを最小限に減らす事が出来るようになりました。

手術に使う糸やメスなどの医療道具も、安全かつ、性能の良いものを使っております。また、より侵襲性の低い内視鏡を利用する手術も行っております。

このようにいつでも治療が行えるよう設備を整え、これらの医療機器のメンテナンスにも力を入れております。常に病院内を清潔に保つ為、衛生管理に関わる専属のスタッフが常勤しており、手術に使う道具の滅菌作業から、病院周りの清掃に至るまで丁寧に行っております。

薬に関しては、あらゆる症例を扱っておりますので、薬といえども、駆虫薬や抗生物質等、多種多様な薬を取り揃えなくてはなりません。当病院では、安全で効能の確かな薬を使用しています。

多くのスタッフが世界基準の最新の獣医学を勉強するため、各種セミナーや勉強会に参加したりして、常に最先端の知識を会得できるような機会を設けております。

医療とはマンパワーであり、より良いケアをするためにはたくさんの人手がかかり、人件費もかかります。 このように、最新の先進医療をモットーとし、今後も先進医療を提供するための、料金設定をしております。

A:パーキングには10台の駐車が可能です。満車の場合には一旦降りられて、受付へお声をお掛け下さい。 空き次第、順次ご案内いたします。

A:「動物救急車」と提携を致しておりますので、どうぞそちらをご利用下さい。

「動物救急車」TEL: 0120-595-119

URL: j-119.com

A:診察の待ち時間には十分配慮しておりますが、緊急性の高い症状(状態が悪い)の動物が運ばれてきた場合には、その動物の診療が優先される事があります。

又、予約をして頂いている患者様もおられますので、診察に時間がかかる場合があります。

ご不安な時は、受付へお尋ねください。

A:当センターは、複数の医療スタッフが診ることにより、結果として病気を的確に診断し、動物に起きた異常の見逃しが無いように対応しているためです。

しかし、「別離不安」などが強くある患者さんは、前もってスタッフにご相談下さい。なるべく飼主様とご一緒にいていただくように配慮致しております。

A:当院は、担当医制ではありません。それは、患者様を病院全体で診させて頂いているからです。患者様の状態は全スタッフが把握するように務めております。ご安心下さい。

ご希望があれば、受付でお伝え下さい。

A:退院時は、飼い主様が動物の治療を確実に行えるように、また、ご自宅で安心して看ていただく為に、担当スタッフがご説明いたします。時間がかかる事もありますので、ご了承下さい。

又、大き目のキャリーケージを持参して頂いた方がよい場合がありますが、退院時は「動物救急車」をご利用になると、安全・安心でお帰りになる事ができると思います。